HOME > サンプルページ

CMSについて

詳しく解説します

CMSとは、コンテンツ・マネジメント・システムの略で、日本語に訳すと「コンテンツ管理システム」です。
簡単に言ってしまうと、管理画面からテキストや画像を登録することで、
HTML(ホームページを表示するための言語)や
CSS(カスケーディング スタイル シート)と呼ばれる専門的な知識や
FTP(サーバーへアップロード)の知識が無くても
ホームページを管理・更新することができるシステムのことで、ブログもCMSの一種と言えます。

一般的なWebサイトの更新方法は、テキストや画像の情報だけでなく、
HTMLやCSSを駆使してデザインし、他のページからのリンクを設定するなど、
大変手間がかかる作業です。

また、ホームページビルダーなどの市販のソフトを使う場合も、
多少のHTMLの知識やFTPの知識が必要です。

CMSでは、専門知識が必要な部分は全てシステム側に制御させ、
テキストや画像などの情報のみを入れていくことで、簡単にWebサイトを更新することができます。
また、サイト内のナビゲーション(左メニューなどのリンク)や、
新着情報など、必要なリンクの更新は、自動的に行われます。

CMSは、専門的な知識を学習することなく、誰でも簡単にWebサイトを
更新・管理することができる大変便利なシステムです。

CMSがない場合とある場合の比較(一例)CMSがない場合とある場合の比較(一例)

図のように、制作会社に依頼する場合は、各部門の要望をとりまとめたり、
制作会社との金額調整をしたり、時間がかかる要素がたくさんあります。

頻繁に更新するページがある場合、このようなフローでやっていては、
効率も悪く、スピーディな更新ができないので、機会損失につながる可能性もあります。

CMSで担当者が更新できればこのような問題も解決するのです。